TOP5ダイナミクスコース行ってきたよ

12/26(金)に福岡であったストレングスファインダーの「TOP5ダイナミクスコース」のまとめです。もう1ヶ月以上立ってるからうろ覚えの部分もあり。
森川さんが福岡に来るって事で告知後すぐに申し込み。この日は仕事納めで午後休とって新幹線で鹿児島から福岡に移動しました。
受講者は11人、福岡で基礎コースを一緒に受けた人ばかりなのでまた会えて嬉しかったです。

気になる人のTOP5を使って強みを見立て、森川さんが補足をいれていく感じでした。
でも、「さすが!」とか「よく読み取れてますね」ってフィードバックというか褒められてどんどん意見がいいやすくなっていきました。

見立てのプロセスとして、
・強みが実行力、影響力、人間関係、思考のどこに集まっているか。
・全体としてどんなタイプか?
・強みとしてうまく機能するとどんな風か?(バルコニー)
・弱みとして機能するとどんな風か?(ベースメント)

メモ
・相手にとっては不可解な生き物として見られているかも?
・それぞれ反応する(逆ギレ)ツボがある。 成長促進は可能性を否定されること。アレンジは選択肢が一つ。コミュニケーションは一人にされること
・ストレングスファインダーは多重人格マネジメント。スイッチを押して引き出す。今どのスイッチが入っているか?
・メンターを作り、後押ししてもらう。
・人それぞれ掛けているめがねが違う。人によって望遠鏡だったり、顕微鏡だったりする。
二人の関係を見ていったのに、第三者が出てきたり、メンターが出てきたり、個人の問題を個人だけで解決するのではなく、他人の介入もありなんだな~ストレングスファインダーってやっぱりチームの人間関係構築ツールなんだなと改めて実感。
終わってからは他の受講者の方とご飯食べながらお話ししてとっても楽しかったです。コーチって仕事も面白そうだな~

今年はできるだけインプットよりもアウトプットを多くしたいなと思ってます。アウトプットもできるだけ早めにするのが目標!

ストレングスファインダーに興味を持たれた方はこの本を新品で買って、付いてくるコードでテストを受けるとTOP5がわかります。面白いのでぜひやってみてください。
スポンサーサイト

きりしま読書会行ってきました

今日は隼人の珈琲館 停車場であったKiriDokuに参加。
 
2014年のベスト本を持ち合いました。
今回は12人の参加、二つのテーブルに分かれて本の紹介。

まず自己紹介と1月にあった楽しいことの紹介。
私は着物パーティーの打ち上げで城山ホテルのスカイラウンジにいったことと言ったら、隣の方がそこでプロポーズしました
ってお話をされました。いいな~とても景色が良くてあそこでプロポーズとかすごくいいですね!

私が紹介したのは
まんがで「死んで生き返りましたれぽ」と「だめなあいつをなんとかしたい」です。





不摂生な生活から病気になり、心肺停止になりながら投薬なしにまで回復した奇跡の人の漫画です。
もう1冊は心屋仁之助さんにはまっていて、気持ちがとても楽になった本。まわりがダメ男ばっかりとか、母親との関係に悩んでいたら読んでみてください。

他の人の本の紹介は以下。自分の備忘録用メモつき。
「コミックでわかるアドラー心理学」

入門書としておすすめ。人の行動には目的がある。

「白いしるし」西加奈子

心に響く恋愛の話。「サラバ」で直木賞をとった作家さん。「さくら」もオススメ。

「猫を拾いに」川上弘子

不思議な小説、将来少子高齢化が進んだらこうなるのかなという話。

「旅猫リポート」有川浩


図書館で読んではまって、買い直した本。人に勧めるとみんな号泣。有川さん好きなのに読んでなかったので読みたい。

「青が散る」宮本輝

大学のテニス部の話で青春、「うまいと強いは違う」

「フリーター、家を買う」有川浩

うつやノイローゼって周りはなかなか気づかないんだな。

「戦略は1杯のコーヒーから学べ」

ケーススタディ、読むとわくわくする。イノベーションは満ち足りたところからは生まれない。

「女の一生」遠藤周作


長崎の隠れキリシタンの話。

「哲学の先生と人生の話をしよう」国分功一郎


人生相談、アドバイスで終わりでなく読んでどう思った?周りと分かち合ってという解決法。問題がつらいのではなく、革命が起こらないのがつらい。

「おまえさん」宮部みゆき

時代小説、「ぼんくら」「日暮らし」シリーズ。部下育成に。

「フェルマーの最終定理」


350年間証明されなかった問題に挑戦する数学者の話。フェルマーが定理の最後に余白がないので答えは記しませんと書いたために人々が挑戦し続けた。日本人がきっかけで解決に導かれた。

「アイデアのちから」


知の呪縛からこの本にたどり着いた。SUCCESs。ちなみに記憶にこびりつく英語版の表紙はこちら
made to stick

他にも「りんごかもしれない」「おうちで楽しむ日本の行事」「紙つなげ」「殺人出産」「日々弁当」「悪徳商法のすごい手口」「海賊と呼ばれた男」「食害、薬害テロの時代、命はこうして守れ」「ニャン吉が行く」「ひとの居場所を作る」「限りなく少なく豊かに生きる」などがありました。

今回も自分の全く知らない本を知れて楽しかったです。

May 'nのライブに行って来ました

友達に誘われてライブに行って来ました^ ^

May'n

ライブは初体験!小林幸子さんのコンサートは車イスの方のボランティアで行ったことがあるんだけど。でも小林幸子さんのコンサートも面白かった。9年前くらいかな?まだ紅白に出てる時で紅白の衣装とか出てエンターテイナーって感じ。

さてさて、今回のライブはお客さんは300人くらい。キャパルボでありました。開場が5時で階段いっぱいに人が並んでてびっくり!
10周年で47都道府県を回っているそうで鹿児島でも開催でした。

6時から9時くらいまででずっと歌って、トークしてすごいな~
トークが鹿児島ってことで、食べ物ネタと方言ネタ。サワーポメロが鹿児島だけって初めて知った∑(゚Д゚)
すんくじらとか、おじゃったもんせとか会場の人が教えて、すごく会場との距離が近いな~と感じました。

前の方にファンクラブがいて、曲に合わせて手を振ったり飛び跳ねたり、一体になった感じでこれもすごい!
私よくわかんないんだけどって人も最初にMay'nが聞きたいときは聞けばいいし、動きたかったら動いてって言ってたので気が楽でした。

よくニコニコの作業動画で聞いてたキミシニタモウコトナカレがアンコールの一番最後に流れてよかった!

衣装替えもあって、バックダンサーの人のダンスがキレッキレですごかったり、なかなか生で歌を聞くってことはないので面白かった^ ^

最後はファンみんなと目を合わせたいってことで優しさウェーブと言われるありがとーと言われたら前から座って行って後ろまで目を合わせて終わりでした。すごい!社交性?
聞きながらあまり過去を振り返るのが好きじゃなかったことから、原点思考は低そうとか、こんだけ注目されるから自我は強いかなとか強みを考えたり。

いろいろ学びもあって面白い体験でした^ ^

Cross-Faction Meetup in Fukuoka参加してきました。

福岡であった公式イベント、Cross-Faction Meetup in Fukuokaに行って来た様子をまとめました。

場所は博多駅近くの福岡東総合庁舎で14:30~17:00まで。
ただし、事前の参加者が160名予定で
入場制限がかかるかもという話だったので13時頃から事前入場のため待ってました。早めに入場できることになり、13:45分ごろ入場。会費の500円を払って、ワッペンとピンバッジをもらいました。あと会場でイングレスのコミックも。



それから地図に青か緑のシールを貼って、どちらの陣営かどこから来たのかがわかるようになってました。シールには数字も書かれていたので何人来たかがわかるようになってました。私はエンライテンドの12番目でした。
その後エンライテンドの方が多かったと聞いたけど何人だったのかな?

さて会場は会議室のようなところを借りていて、前方にはスクリーン、後方には物品販売用の机があるだけで、椅子や机は片付けられており、みんなで直座り。100名は超えてたと思うんだけど160はいなかったんじゃないかな。

その後、九州エージェントによる今までの活動のプレゼンがありました。
同じイングレスというゲームでもアート、デザインに特化してたり、初心者教育に専念してたり面白い。
東京でのダルサナ戦の様子や鹿児島からもこの間のセル戦の様子が報告されました。

川島さんは、参加予定がまさかのインフルエンザでハングアウトでの参加でした。残念。

でも、九州勢のプレゼンを見てこんな充実したプレゼンは見たことが無いと言ってました。

景品をかけたミニゲームは開催地のポータルをみんなでハックし合い、スクリーンショットを取った瞬間にレゾを刺していた人が勝ちというもの、緑が人数的にも多かったからか緑の圧勝でした。
みんなが無言でやりあってるのが面白かった。というかどんどん武器打ち込まれるしで喋る余裕なんかなかった。

おやつはペットボトルのお茶と福岡でおいしいと評判のドーナツでした。


福岡のエージェントの方々ががんばって作り上げたイベントという感じでした。


福岡はポータルも多くていいな~午前中は天神で遊んでたんですが、ミッションもいっぱいあるしうらやましい。
あ~いっぱい歩いた。結局この日は13000歩になってました。

イングレス ダルサナ東京緑勝ちおめでとう!

スマホゲームの話なので注意!
ダルサナ東京の様子がさいっこうにたぎるって感じだったので、書きました。完全に趣味だよ~

今日は、イングレスというゲームの大イベント、ダルサナ東京が行われてました。当然東京には行けないので、ネットで詳細をチェック。

イングレスは簡単に言うと青チーム対緑チームの陣取り合戦です。普通のゲームと違うのは、実際に家の外に出て神社や像などのポータルと呼ばれるポイントに行かないとならないこと。ポータル同士を繋いで三角を作ると陣地が広がります。
これによって、強制的に外に出て行かざるを得ないという、今までのゲームのように家に引きこもりっていうのが回避されるわけです。作ってるのはGoogleで世界中の人が遊んでいるゲームです。

さて、話は戻って。東京行きたかった~>_<楽しそうだなー日比谷公園に青緑合わせて5000人くらいだったそう。青の人が多くて、緑は少なかったみたい。数では緑劣勢>_<
ルールとしては、時間チェックポイントごとにどちらの陣営に染まっているかでポイントが加算されるってことだったらしい。
お互い作戦を練って、開始ってとこで一気に緑に染められる東京。
何事?となったら、韓国、北海道襟裳岬、グアムで三角形を作り日本全部を囲んで一気に緑がポイントゲット。青陣営真っ青のため、北海道の人助けて~、で北海道の人出動で「あと50kmです。」とかどんだけ広いの北海道。6時くらいにおそらくリンク壊されたけど、時すでに遅しで緑勝利!
あー、なにこれすごい!東京開催の大会なのに隣国巻き込んで、勝っちゃうとかすごいね。私は緑チームなので嬉しいです(≧∇≦)私も今日鹿児島でちまちまやってたんだけど、やけにエリアが緑だな~とは思ったんだよね。どんだけ広いリンクなのかと思ったら、まさか日本全部囲んでたとは!
報道陣も入ってたみたいなので、今後まとめ読むの楽しみ。今は英語版しかないけど2015年中には、日本語にもなるみたいだし、「イングレスお達者倶楽部」という年寄りの散歩アプリとして最適なイングレスを全国普及して老人医療費の国民負担軽減という大構想を掲げるグループ(60歳以上限定で現在メンバー7人だとか)があったりとか、糖尿病がこのゲームのおかげで治りましたとか、ゲームだけど、未来がすごいことになるんじゃない?!ってとてもワクワクします(≧∇≦)
面白そうって人は緑チームで始めましょう!よろしくお願いします!

ちなみに写真は、この前6レベルに上がった時のもの。早く8レベルになりたい>_<
カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

青華

Author:青華
勝間塾生&綺綸堂生徒&わくわく学園生です。
学ぶことと着物とガジェットと手芸が大好きで自分でもどこに向かってるのか迷い中。
こんな私ですがよろしくお願いします!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Twitter on FC2
RSSフィード
リンク
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア