鹿児島ー大分高速バスの旅を快適に過ごすために

今回エンジン01参加のため、大分に行ってきましたが、鹿児島から大分遠い~
移動手段を考えた時に、まず車だと高速使って5時間ちょっと。休憩入れたら6時間くらい。熊本までの2時間で限界と思ってるので車は却下。
次に飛行機は鹿児島からの直通がいなくて却下。
新幹線は鹿児島中央からの始発に乗っても、小倉でソニック乗り換えとなり、10時の開演に間に合わず却下。
などと考えた結果、鹿児島ー大分の高速バストロピカル号に乗ることにしました。
http://www.oitabus.co.jp/busj/kosoku/kosoku.htm
片道5660円、往復で10180円。
鹿児島中央駅23:06発、大分駅6:21着。
帰りは大分駅23:07発、鹿児島中央駅6:21着。
と、寝てれば着いている計画です。
まあ、寝られれば楽です。
行きはあまり寝られず、帰りは前日寝てないのと意外とイベント参加で頭を使ったのか疲れてたので、ちょこちょこ目は覚めましたが気づいたら鹿児島でした。
行きは慣れないというのもありましたが、後ろの人に遠慮してあまりリクライニングを倒せなかったのとタートルネックが寝苦しかったです。暖房効きすぎて暑すぎたり、脱いだら寒かったり、温度調節できるような服装が良いです。
あと、帰りはネックピロー使うと割と快適でした。
アイマスクも締め付けられるのが嫌いで私は使いませんでしたが、近くの人が寝られないのかずっとカーテン開けてて眩しかったので、あるといいかもです。
あと、2泊バスでホテルも取ってなかったのでお風呂入りたいなぁと思ったら、大分駅に温泉があるのを教えてもらいました。
CITYスパ てんくう

http://www.cityspatenku.jp
営業時間11:00~24:00
入浴プラン1500円、岩盤浴などに入れるヒーリングプランは1900円。
ビルの上が温泉になっていて、露天風呂ありで夜景がすごく綺麗でした。天然温泉と高濃度炭酸塩の2種類に入れます。外から覗かれることはないと思いますが女性は湯浴み着を着て入ります。
サウナはフィンランドサウナとアロマスチームサウナがあり、パウダールームはクレンジングや化粧水などのアメニティもあり、ドライヤーも鏡ごとにあってゆっくり使えました。バスタオルもフェイスタオルも貸してもらえるし、着の身着のままで温泉に行けるなんて便利!
遅くまで開いてて、バスの時間までゆっくりするといいですよ~
大分駅側のバス停は寒くて、ギリギリまであったかいところにいるのがベストです。

鹿児島側は一応屋内なので割と暖かく待てます。

スポンサーサイト

BUMP OF CHICKENのライブに行ってきました

昨日は福岡にBUMPのライブで行ってきました( ´ ▽ ` )ノ
朝から物販に行って、2時間半待ってボードで写真撮って、夕方から本番!ヤフオクドームいっぱいに人が入っていて、これでどれだけのお金が動いてんだろうと思ってしまいました(^◇^;)



もう、音楽と映像と光の共演が素敵でした。トークも面白かったし、幼稚園からの幼馴染で今も一緒に働いているってすごいな~
腕につけるPIXMOBってライトが無償配布で、赤外線で遠隔操作されて、キラキラと曲に合わせて輝いていたのが凄かった!もうダンデライオンで黄色とかズルい~さてこのバンド仕組みがとても気になります。終わったあとは衝撃でピカピカしてました。分解したい。
教わってもいないのに、観客みんなで動きを合わせてるのがなんだか笑えてきちゃったです。この一体感なんだか不思議な感じ^ ^他では味合えない感覚。
天体観測とか聞いてたのが10年以上前ってことにショックを受けつつ、右手をずっと上げて手を振ってたら、脇腹つりそうになりました>_<

ほんとあっという間で、名残を惜しみつつ博多駅へ。みんなバンドつけてるからときどきピカピカ光ってライブ帰りがすぐわかる^ ^
お腹空いたので、ご飯食べるとこ探してたら、ナイトアクアリウム展が最終日であと5分てところを発見し、滑り込み~すっごく綺麗!!金魚かわいい^ ^

翌日は中洲川端行ったり、まんだらけ行ったりして、最後はエヴァ新幹線の関係でできていたらしいエヴァカフェへ。
エヴァのキャラをかたどったカレーやパンケーキなどもありました。店内もエヴァで飾られてて、スタッフさんのギャルソンエプロンもネルフのマークでワクワク(^○^)

あー、満喫した休日でした( ´ ▽ ` )ノ

フランス旅行5日目

夏のフランス旅行の記事を書き終わらない間にテロが起こってしまいました。
被害に遭われた方のご冥福をお祈りします。

またフランスだけでなく、世界中で起こっている戦争について人々がいがみ合うことなく、平和になることを願います。
そしてまたフランスを訪れたいです。


さて、夏もだいぶ過ぎてしまったのでそろそろフランスの記事を終えたいと思います。

五日目は夕方5時まで自由行動の日でした。
ガイドさんも他のメンバーと東京に帰ってしまったので単独行動でした。
(航空会社によって集合時間が違って、大韓航空の私たちが一番長くいられて、日本航空は昼くらいまででした。フィーンエアーは朝一で自由時間が全然なくて航空会社によって出発の時間も違うのね〜という感じ。)

さすがに地下鉄は怖いのでタクシー移動。いろいろ話しかけてくれたのに英語でどう答えたらいいのかわからず、悔しい!やっぱり英語勉強しなきゃと思いました。

朝からずっと行きたかった奇跡のメダイユ教会へ。
メダイユ教会
奇跡のメダイユ教会とは、1830年修道女カタリナ・ラブレがマリア様から私の姿のメダルを作り配りなさいと夢でお告げを聞き、作られた教会です。このメダルのおかげでコレラが収束し、今でも奇跡を求めて世界中から人々が集まる教会となっています。
ここはボンマシェの裏にあります。わかりにくいと聞いていたけれど本当に一瞬通り過ぎそうになりました。
8:00くらいに行ったけどすでに30人くらいの人がいて、聖堂の中は誰一人しゃべらず祈りを捧げていて、シーンとしていました。
IMG_2923.jpg

 もう、壁画も綺麗だし、とても気持ちの良い空気が流れていて20分くらい座ってボーとしていました。

売店にはメダイユが何種類もあって、青いのと緑のと金色のメダイユを購入。
奇跡のメダイユ

このマリア様のメダイユは売ってはダメで人にあげたほうがいいそうです。この教会もこんなに安くていいの?というくらいの値段で売られています。
シスターで日本人の方がいて、少しお話もしました。
(そういえば、このメダイユをたまたまお土産に持って行ったら、行く前に実はお願いすればよかったと思っていた!と言われて偶然にびっくり。)
その後は観光バスであるビッグバスで周遊。2時間くらいで1周するのでずっと座って実はイングレスしてました。

凱旋門前で降りて、お土産を買って、マカロンで有名なラデュレに入ってみました。入るのにも注文するのにも時間がかかってフランスでのご飯は2時間くらい見ておくようにというのを実感しました。

シャンゼリゼ通りを歩いて、アイスを買ったりぶらぶらして楽しかったです。

今回はモンマルトルや美術館や教会にはあまり行かなかったので今度行くことがあればパリをゆっくりと楽しみたいです。

最後の空港ではマカロンを食べたり、夕食を食べて、免税店を覗いて暇つぶしをしながら帰りの飛行機に乗りました。

飛行機の中では寝られない〜と思っていたけれど10時間くらい寝てて気づいたら後1時間くらいで着陸となっていてびっくり。

途中の韓国での乗り継ぎが長くてぶらぶらしていました。空港の中で韓国の文化を体験出来るスペースなどもあり、さすがハブ空港という感じでした。

六日目の夜7時くらいに福岡空港に着き、新幹線で鹿児島に帰ってきました。
次の日は頭は起きててもフラフラして起き上がれなくなっててこれが時差ぼけか〜と実感。

今回持ってった中で失敗だったのが、除菌シートでした。いっぱい使うかなと30枚入りとかにしたらかさばるので持ち歩く鞄の中に入らなくて、置いてって結局使いたい時に使えませんでした。10枚くらい入りのを何袋か持っていけばよかったです。
夏でも朝晩は寒くてパーカーやショールは持って行って正解でした。寒さの感覚がわからず一応貼るカイロも持って行ったけど出番なしでした。サングラスも結構日差しが強くて必要です。

あとカメラは重いから迷ったけどミラーレス一眼を持って行って正解でした。
もうフランスはどんなものでも綺麗で撮りたいものがいっぱい。スマホのカメラも性能はいいけど撮りたいものが撮れるのはいいカメラだと思います。


フランス旅行4日目

4日目は凱旋門やエッフェル塔、ノートルダム寺院をバスで外側から観光した後、ルーブル美術館へ行きました。
現地ガイドさんはベルサイユも案内してくれた女性と一緒でした。入るときには荷物チェックがあり、水や自撮り棒などは禁止だそうです。

ミロのヴィーナスやサモトラケのニケ、モナリザなど教科書などでよく見る絵画や彫刻を見ました。モナリザは一番人気で人がいっぱい。なかなか列が進まないので途中で横に抜けちゃいました。作品をカメラでバシバシ撮れるのが日本と違うことですね。昔は画家さんが絵の前で模写をしていた名残かな?館内は飲食禁止ですが、影でこっそり食べている人もいましたが、ガイドさんが写真に撮ってその後ここで食べてましたよと警備員に知らせるそうです。





その後はオペラ座へ移動。外側は工事中だったりしました。中には入らず、次にギャラリー・ラファイエットへ。ここのステンドグラスがとても綺麗だったけど写真では伝わらない>_< 日本人専用のカスタマーカウンターがあり、免税はこちらへという説明でした。フランスはトイレが有料だったりなかなかないので、ここに来るといいらしいです。

ここから自由行動だったので、みんなと分かれてムール貝を食べに近くのカフェへ。メニューはフランス語と英語だったんですが、ムール貝の英語が分からず、iPhoneの翻訳アプリを使いました。iPhone便利。ここに来るまでもGooglemap使いました。
400gでしたがぺろっと食べました。さすがに付け合わせは食べきれなかったけど。/fc2blog_20150917224422391s.jpg"/>

食べた後は、ギャラリーラファイエットの屋上へ。無料でいけるパリを見渡せる場所として紹介されていたからです。下りながらお土産をのぞいて外に出たら、オペラ座の近くにAppleがあったのでのぞいてから、スタバへ。

パリのスタバはお城見たいと聞いていたのでとても興味がありました。でも外からのぞいても普通な感じでここじゃなかったかなと不安になりながら中へ。レジを通って、客席に移ると天井画にシャンデリア、壁に鏡とふかふかソファとスタバじゃないみたいで面白かったです。でもお客さんは現代的にみんなパソコン使ってるのでギャップもまた面白い!

その後はコンコルド広場まで歩き、シャンゼリゼ通りをずっと凱旋門まで歩きました。最初は並木道で、途中から現代的なブランドなどのお店などになっていく変化も面白いです。ただこの日は最高気温29度くらいで暑かったので疲れました。

凱旋門まで行って、上まで登ろうかと思ったけど人が多いのであきらめ、ただで入れる凱旋門の根本へいってすわってました。影になっていて涼しかったので休憩ポイントとしてオススメです。

その後はタクシーでホテルまで帰ってこの日は終わりでした。

フランス旅行3日目

朝からモンサンミッシェル観光。


現地ガイドさんが付いて添乗員さんが訳してくれました。前日は町側から登ったのでこの日は外壁側から。
モンサンミッシェルのオムレツを作ったことで有名なプラールおばさんのお墓や閉校になった学校なども見て回りました。


島内のホテルの人と目が合ったり、島の中のホテルは狭い上に階段しかなく、クーラーもなく、お湯が出ないこともあるとか。無料バスも出てるし対岸のホテルの方が設備がいいらしいです。
今モンサンミッシェルに住んでいるのは20人くらいでほとんどが修道院の人。後はホテルを営んでる方だとか。学校も、大きなスーパーも無いし、車も乗り入れできないとあってかなり不便だからだそう。従業員の人も毎朝バスで来るんだとか。昔は車で来れたらしく、バスでしか来れないとなった時にはストライキもあったそうですよ。


などなどいろんな話を聞いてから修道院の中の案内をしてもらいました。貴族用と一般の人で礼拝をするところが違ったり、昔の巡礼者は海を渡ってこなくてはいけなくて渡っている途中で満潮になり、亡くなった人も多かったとか。

お昼は対岸のレストランでモンサンミッシェルのオムレツを食べました。メレンゲ食べてる?ってくらいあまり味がしないので日本人の味覚には合わないと思われます。

その後はまた5時間くらいかけてパリへバスで移動。途中のサービスエリアであると聞いていた便座のないトイレに出会いました。

夕方にパリについてセーヌ川クルーズへ。船は座席がいっぱいあって座るだけのもので1時間くらいの観光。横の方にはディナーを食べながら観光できる船も停まってたのでいつか乗ってみたいです。




観光してこの日はそのままホテルに移動して終わりでした。
カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
プロフィール

青華

Author:青華
勝間塾生&綺綸堂生徒です。
学ぶことと着物とガジェットと手芸が大好きで自分でもどこに向かってるのか迷い中。
こんな私ですがよろしくお願いします!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Twitter on FC2
RSSフィード
リンク
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア