お金の増やし方は二つ、インデックス投資信託始めました

6月の勝間塾の宿題はドルコスト平均法でインデックス投信をはじめましょうというもの。
やっとおととい、手続き終了して、毎月末積み立てて行くことができそうです。

お金の増やし方はふたつで、労働か資本。
最近は労働よりも資本でお金を増やす方がいいという話でした。

その中でも一番利益が出るといわれるドルコスト平均法は月々同金額でインデックス投資信託を買い続ける投資法です。
ただせっかちな人にはオススメできないかも。10年、20年で倍を目指すゆっくり型です。ドルコスト平均法でやる分には損失があまり出ないそうでローリスクローリターン型。インデックス投信とはコンピュータが買い付けをするので人件費がかからず手数料が安いんだとか。
それにしても、証券会社の申込書に広告で競輪とか競艇とか入ってきたけどそういうギャンブル好きな人が多いのかな?

続きを読む »

スポンサーサイト

勝間塾夏期講習二日目

二日目はアイスブレイクから体を動かそうということで、数字をいいながら肩をたたいていきました。
8回左肩をとんとん、次に8回右肩をとんとん、次は4回左肩をとんとん、右肩を4回、1回左肩、一回右肩で最後に両手をパンと合わせる。次は8と言うときにパンと両手を合わせて、できたら8と4を言うときにパン、次が1と4と8を言うときにパン、やってみると難しくて1を言うときにパンとするのを忘れちゃったり、普段することがない動きなので難しい~

あとトーキングオブジェクトを持った人から、Good&New(一週間以内の良かったこと、新しいこと)を言い合って、グループで何周言い合えるかもしました。これもGood&Newだから良くてBad&Oldだと気持ちが暗くなってしまう。どこに注目するのかが大切という話でした。朝からいい気持ちでスタートできます。


あと、うつだと肩をすぼめて前屈みになるけど、そうなると肺も縮こまってしまう、だからこそ2倍速で歩いたり、胸を張るといいなど行動を変えてみるといいという話もありました。

二日目のワークはチョイスタウンというもので、それぞれにカードが配られてその課題解決と地図作りをグループで取り組みました。今まで学んだこと全て忘れて課題に向かっていっちゃってちょっと失敗。ただ課題はできたけどそのグループの人の強みを生かして課題に取り組むということができてなかったです。

課題解決のためにはまず課題を把握すること。情報をありのままに共有すること。五人の脳を一つにしていくこと。グループのゴールに向けて自分ができることは何か考えて行動することを学びました。

最後はまとめがあって、ストレングスファインダーはスクールが始まるそうで、それに向けてメルマガが10月くらいに始まるそうです。

選択理論を学びたい人のためには9月に日本リアリティセラピー協会の講座が東京であること。本の場合は親子関係なら「ハッピーティーンエイジャー」

結婚なら「結婚の謎」

「幸せな結婚のための8つのレッスン」

精神の病を予防する力を付けるためには「警告!あなたの精神の健康をおそれがありますので精神科には注意しましょう」

があるということでした。

「To learn,not to judge」で人に対してジャッジするのではなく、認識し、良い悪いを判断するのをやめて、知ることにチェンジしていくことを習慣化していく。

もう一回昨日のワークで作ったのを見ながらどんな人かと思うかをグループの人に言っていくというのをしました。自分はきっちりしているとか、まじめとか、ナチュラルとか、人を引っ張れると言われて自分ではぜんぜん思っていないことを言われてびっくりしました。

今回の合宿でほんとに一人一人ぜんぜん強みや特徴が違うこと、でもそれが悪いではなく認め合って弱みを補い合っていくのがいいと学びました。

自分の情報収集力とか、学ぶことが好きなことなど強みを生かして他の人に貢献していきたいと思いました。



勝間塾夏期講習一日目

7月20日土曜日と21日日曜日に一泊二日で、勝間塾の夏期講習に行ってきました。といっても、前泊したので、東京には二泊三日でしたが。
場所は八王子の大学セミナーハウス、ユリが見頃で自然に溢れた場所でした。
まずはランチセッションがあり、ご飯を食べながら交流。初めて会う人ばかりでしたが、楽しく交流しました。
13:00から講堂で選択理論の復習を渡邉奈都子さんからしていただきました。
選択理論とはアメリカ発祥でグラッサー博士が始めたもので、基本的欲求のプロフィールと上質世界が、主な考え方としてあります。
基本的欲求は遺伝的なもので自分の行動の動機付けとなります。
5つあり、
1愛・所属の欲求、
2力・価値の欲求、
3自由の欲求、
4楽しみの欲求、
5生存の欲求で
愛・所属の欲求は人に与えたい、何かしたい。
力・価値の欲求は自分の力、価値を認めて欲しい。
自由の欲求は自分で決めたい。
楽しみの欲求は知りたがり、学びたい。
生存の欲求は命を守りたい
という欲求で、人によってその強さが違うというものです。
ただし、欲求のプロフィールは変わらないものなのでアメリカではここに注目するよりも、上質世界に注目しているそうです。
上質世界とは自分の頭の中のアルバムのようなもので写真を増やしたり張り替えたり、剥がしたり、ピントを変えたりできます。
しかし、上質世界に「みんなに好かれる自分」「失敗しない自分」など現実的でない写真が貼ってある場合があるのでその上質世界をどのように取り扱うかが大事なようです。

選択理論はこの渡邉奈都子さんの本がわかりやすいと思います。


次にストレングスファインダーの説明を森川里美さんにしていただきました。
ストレングスファインダーは人には34のうちの何らかの強みがあり、テストを受けるとそのうちの5つのトップがわかります。
テストを受けるには次のいずれかの本を新品で買って、付いてくるパスワードをネット上のサイトに入力すると受けられます。



トップ5は自分にとっては当たり前すぎて、強みにはなかなか思えなくて、人はボトムばかり気にしてしまうけれど、それは象のニット編みと一緒で、象が強くて器用な鼻をもっているのに、猿のような器用な指がほしいとないものねだりをするようなものだというのが、今回の一番心に残ったことでした。
象のニット編み

収集心の強みを持つ人は異常なほど情報収集をするので、歯止めをかけるために時間や冊数を決めた方がよいとか、自我を持つ人は人への影響力があり、すごいとかほめられるのが好きで、ネガティブな反応や無視されるのが嫌とか、慎重さの強みはそれまでは失敗したくないという性質だけど、準備をするという性質であるとか、学習欲、内省、収集心を強みに持つ人は今の仕事で向いた業務を探した方がよいとか、最上志向の人は効率的であることを好み、現状に満足せず、Mの素質。向上心がある人ばかりではないということも知った方がよい。達成欲の人は体育会系や医療関係、銀行、安全に関わる仕事の人に多いこと。残業しててもうれしそうで、とにかくたくさんやりたい人なのでチャックリストなどは無駄。

強みがバルコニーにあるのか、地下室にあるのかということで、どんどん強みを生かしていった方がよいということを学びました。
ストレングスファインダーは個人の強みを生かすことだけでなく、チームで影響し合ってよりよい仕事をしていくものだということも学びました。

ワークとして、それぞれ雑誌を持ち寄ってヴィジュアルエクササイズとしてコラージュをしていきました。
ちなみに私の作品はこんな感じ。
コラージュ
隙間があいて作る人は最上志向の人に多く、無駄な労力を使わないところに表れているみたいです。また断捨離に向いているタイプだとか。お酒とか、高級なものを貼るのも最上志向らしいです。

ほかのでは変わった貼り方をするのは着想の人だったり、同じアイテムで色違いを貼る人は個別化、きっちりどこに何を貼るか決めて貼る人はアレンジ。色遣いが赤とかオレンジ、黄色など明るい人はポジティブ。文字を貼る人は内省。外国の風景などを貼る人は学習欲など、それぞれが作った物からいろいろな性質が見えてきました。ほんとにみんなぜんぜん違っていて、「こんだけの特性を持った人って他にいないと思う。みんな何かしら素晴らしいものを持っている。だって変だもん。自分のことは当たり前だけど、やっぱり他の人にはない才能で、これを他の人のために使っていかないもったいない。」という事を感じました。

19:00頃までフィードバックをして、夕食兼懇親会へ、いろいろな人とお話しました。2次会にも参加しておしゃべり。ほんとにいろんな人がいろんなことを考えていてそれを聞くだけでも楽しかったです。

【1年間お疲れ様&よくやったぜ会】in FUKUOKA

土曜日は【1年間お疲れ様&よくやったぜ会】in FUKUOKAに
参加してきました。

勝間塾に入って一年,九州オフ会のみんなとまた会えて
とても楽しかったです。
この一年で教員採用試験にも合格したし,少しは
身になって来ているのかな?

Ustream配信をしていたんですが,保存に失敗して
しまいました。荷物を軽くしようとしてアダプタを持って
来なかったのが原因です。
横着したらダメだ~
それにしてもやっぱりカメラ変えようかと思います。
スカイプ用のカメラだと焦点が1mくらいのとこなので
遠くがぼんやりしちゃう。
しっかりしたビデオカメラのほうがいいですよね?
誰かおすすめを教えてください~



さて内容です。今回は読書会と全脳思考をしました。

会議室を借りて,よっちぃさんに講師になって
いただいて,4冊の本を2時間で読みました。

読書の目的を決め,必要なところだけを読むような
形でした。普通は最初から最後まで読んでしまうけれど
そうじゃなくてもいいという意識を変えることが大事だなと
思いました。
私も4冊持ってきましたが,全部国語関係だったので
ちょっと失敗。
1冊はまったく違う分野の方がおもしろい発見が
あったりしていいみたいです。

それが終わった後は全脳思考に挑戦。
夜の部を盛り上げるにはというテーマでやってみました。
そのおかげで?楽しい会になりました。

毎月やっているスカイプオフ会の皆勤賞者に記念品の
コップを贈呈したり,九州オフ会おそろいのボールペンを
見せ合ったり,交流を深めました。

夜は天神のもつ鍋のお店へ
午後の勉強会に参加できなかった方も参加して,おいしい
料理とお酒を飲んで,いろいろな話をしました。
投資信託の話や星座の話などとりとめなく話しました。

今回の参加者は沖縄,鹿児島,宮崎,熊本,大分,福岡,
韓国からの13名参加。
これだけいろいろなところから集まる事って他には
ないですよね。普通なら全く知り合わないような違う職業の
人たちと話すのはホントに楽しいです。

その後の屋台も行きたかったけど,用事のため離脱。
次の日も観光をしていたみたいでいいな~

次回のオフ会ではぜひ最後まで参加したいです。
新しい職場でちょっと疲れちゃってたんだけど,刺激を
受けてまたやる気がでてきました。
また今年一年勝間塾でいろいろなことを学びたいです。

勝間塾冬期合宿「選択理論」に参加して

12月17日、18日は勝間塾の冬期合宿に参加してきました。
場所は湘南国際村センター。鹿児島から飛行機で行ってきました。

前回の夏合宿はリモート受講だったのですが、
グループワークの時の孤独感に耐えきれず、
案内が出てすぐ申し込み。
月例会は講演が主だけれど、合宿は
グループワークが多くなるので
やっぱり実際に参加するのがいいと思います。

さて、今回のテーマは「選択理論」。
渡邊奈都子さんが講師でした。

まず、勝間さんのガイダンスがあり、
その中で中年でも脳は育つという話をされました。
25歳と55歳のパイロット、どちらが優秀か調べてみると
55歳の方が複雑な問題や意志決定においてはるかに
優れているということでした。記憶力は確かに劣るが
経験の蓄積によりどんどん脳は育つという話で
男性は55歳くらいがピーク、女性は65歳くらいまでが
ピークだという話で、だから皆さんもあきらめないで
勉強し続けましょうというお話でした。

「選択理論」ではまずアイスブレイクとしてハッピーじゃんけんを
しました。普通のじゃんけんは勝ち負けを決めるのに対してこれは
あいこを目指します。あいこになったら握手して自己紹介。
たくさんの人とじゃんけんをしました。
これいいな~雰囲気がちょっと暖かくなりました。
うちの学校も交流とかあるので、そこで使えるかも。


選択理論ではどんな状況下にあっても、コントロールできることが
ある。コントロールできることにエネルギーを注ごうということが
言われました。
グラッサークオリティスクールなど学校にも応用されているみたいです。

この本を今度読んでみたいと思います。


選択理論で大事な概念に動機付けの源である
5つの欲求があります。
1 愛・所属の欲求 つながっていたい、お世話したい
2 力・価値の欲求 自己価値、貢献、支配
3 自由の欲求 自己決定、自分で決めたい
4 楽しみの欲求 好奇心
5 生存の欲求 命を長らえる、安心、安定、慎重

どれも遺伝子に組み込まれている欲求なのだけれど
どれが強いか、弱いかは人それぞれ。
欲求の簡単なテストを受けたら私は
欲求が強いと10で少ないと0の表で
愛・所属の欲求 4
力・価値の欲求 1
自由の欲求   8 
楽しみの欲求  7
生存の欲求   6
でした。
自分を認めさせたいという欲求はほとんどなく、
愛の欲求はちょっと低く、リスクは取る時は取って
取らない時は取らず、自由に楽しみたいという
欲求が強いという結果に。

勝間塾生はわりと自由と楽しみの欲求が強い人が
多く、そうじゃないとこんな風に集まって勉強
しないだろうしな~と納得。

欲求の強さをコップの大きさにたとえ、強い人は
ビールジョッキくらい、普通の人はコップ、
弱い人はおちょこくらい。

その欲求を満たすのにおちょこくらいならちょっとで
満たされ、ビールジョッキの人はたくさん必要など

そして、自分の欲求は自分で満たそうという話でした。

そして上質世界の話へ。
上質世界とは自分の基本的欲求を一つ以上満たす
人、物、状況、信念信条が蓄積される特別な世界で
欲求を満たすイメージ写真のようなものです。
具体的に欲しいものとか、家族とか、好きな物とか。

でも写真はアルバムからはがせるように上質世界の
イメージも書き換わります。
配偶者ははがれやすいので、自分で工夫・配慮が
必要ですということでした。

セルフコントロールのコツとして
行為、思考、感情、生理反応を自動車のタイヤに
たとえて前輪の行為・思考は自分でコントロール
できるが、感情・生理反応はコントロールできない。
感情・生理反応は行為・思考について行くから
行為・思考を変えよう。

憂鬱で居続けるのも選択である。
他の行動をすると感情も変わってくる。
選んでいることがわかると選び直せる。

ムカッとすることは感情だからコントロールできないけど
怒りを表現することは別。だからタイムと言ってトイレに行ったり
お茶しようという対処法も話されました。

致命的な7つの習慣
文句を言う
脅す
責める
罰する
批判する
褒美でつる
ガミガミいう


関係を育む身につけたい7つの習慣
耳を傾ける
励ます
尊敬する
受け入れる
違いを交渉する
信頼する
支援する
というものがあり致命的習慣よりも
身につけたい習慣をしていきましょうということでした。

よりよい人間関係を築きたかったら
相手をコントロールしようとしないこと。
相手の欲求に気を配ること
自分の欲求充足に配慮すること


そして、外的コントロールの話。
相手をコントロールしようとすると関係が悪化していきます。
「褒める」も何を考えてするかが大事で「操作しよう」という
気持ちでするのなら外的コントロールでダメだと。

外的コントロールしないために「話をよく聞く」
「私にできることは何?」と聞くなど交渉しよう。

「人前で不機嫌でいるのはマナー違反」ということが
印象に残りました。不機嫌オーラを出すことで相手に
気遣って欲しいとか外的コントロールをしているんだという
話で、そういう人には近づきがたいし、人間関係も
よくならないなと感じました。

でも、期待することとコントロールすることは違うこと。
相手の欲求に気を配ること。

他人の欲求充足の邪魔をしないで、自分の欲求を満たすことを
考えよう。

日本は我慢の美学があるが、我慢することなく自分の欲求を
満たすことを考えよう。

もし外的コントロールをしてくる人がいたら逃げるか、スルーしよう。
「そうかもね。」「なるほどね。」と言って否定せずに受け流したり。
合気道のような感じ。あとはメモを取るのでもう一回言ってください
と言ったり。

その後勝間さんによる勝間塾のこれまでの復習がありました。
この前鹿児島オフ会で復習したばっかりなので結構覚えてました。

8時からはクリスマスパーティー、おいしい料理を食べたり、
コミュ名なんですかとおしゃべりしたり、上念さんと少しだけ
お話ししてパブリックビューイングの話をしたり、また来年から
さらに盛り上がる会になりそう。

さらに二次会に参加して何人かとお話ししたり、鹿児島から
来ました~と言ったらびっくりされました。
九州からは一人だったかな?でも北海道から来られた方もいて
日本全国から集まるってすごいな~

あまり積極的なたちじゃないので数人の方としかお話しなかったけど
もったいなかったな~次参加することがあったら今回よりはたくさんの
人とお話ししたいと思います。

二日目はグループワークが主で、ハッピーじゃんけんの応用版とか
共通項で集まるみたいなことをして、フラフープを使ったワークへ。

ルールがあって、今回は12人で1チーム。
フラフープを胸の高さから床まで下ろすのが目的。
フラフープには右手人差し指の第二関節までのみ接して良い。
でもフラフープから離れたらやり直し。
審判もついて結構厳しく見られます。

さあ、やってみようとなったらなぜか下げたいのに上がっていく!
なんで~とわいわいやりながら、タイムオーバー。

解説があり、人は間違った行動でも頑張ればできるんじゃないかとか
時間をかければできるんじゃないかと思うけどそうじゃない。
行動を変えるのが大事!ということであーでもない、
こーでもないと意見を言い合い、行動を変えてやっと
床まで到達。
ほんとこれはやってみた人じゃないとわからないです。
一体感というかこんなに集中したの久しぶりじゃないかって
いうくらい熱中。気づいたら30分過ぎてるし~
失敗した時は自己申告で「やってもうた~」って言うんですけど
それに周りは「おやそうだったのかい」と返すんです。

これいいですよね。失敗しても責められない感じ。
何か意味があるんだろうな~

ハンドサインも教わったり、収穫がいろいろ。

二日目のワークを受けてやっぱり来て良かった~と
思いました。リモートで一人だったらやりたいけど
できない~となるし。







続きを読む »

カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

青華

Author:青華
勝間塾生&綺綸堂生徒です。
学ぶことと着物とガジェットと手芸が大好きで自分でもどこに向かってるのか迷い中。
こんな私ですがよろしくお願いします!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Twitter on FC2
RSSフィード
リンク
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア