スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォトリー受講後5冊目「遺伝子は変えられる」シャロン・モアレム

今日の本は今週の勝間塾のサポートメールの課題本です。



この本を読む目的は、人生は変えられるのか?食事、仕事、人間関係、環境で遺伝子は変わるのか知るためです。
1 何を食べたらいいのか?
 肉ばかり食べていた実は遺伝的疾患を持っていた男性は医者から野菜と果物を食べるように言われ実践したところガンを発症しました。まさに1日1このりんごが病気をもたらしたのです。この男性にとっては肉などの偏った食事が健康を保っていました。
 最近の科学によると遺伝子は変わらないのではなく、エピジェネティクスと言う1世代間の遺伝形質の変化が研究されているそうです。ほうれん草が良いとされていたり、アジア人で牧畜が盛んでない地域の人はミルクを消化する酵素が無いなど、全ての人にとって健康になる食事と言うものはないと言うことがわかりました。そして、心の声に従った方が自分の体に合ったものを選んでいるそうです。
2 生き抜く力を身に付けるには?
 行動と思考が遺伝子に影響を与える。
遺伝子には適応力と柔軟性があり、宇宙飛行士の心臓が小さくなるなど無駄を省くように変化をしていくそうです。なのでベットで寝ているよりは少しでも運動した方が良いそうです。
 3 人類の進化としてシェルパの人々が挙げられていました。ヒマラヤに住む人々の中には独特の遺伝子を持った人がおり、高山病になりにくい遺伝子を発現させやすいそうです。 
この本を読んで驚いた事は全ての人にとって健康な食事と言うものがなく、人によって食べた方が良いものは違うと言う事です。
私も卵と牛乳のアレルギーがあって、体にいいのにと言われたこともありますが、私にとっては毒のようなものなんだけどなと思ったことがあるので実感しやすかったです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

カレンダー&アーカイブ(Tree)
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 
プロフィール

青華

Author:青華
勝間塾生&綺綸堂生徒です。
学ぶことと着物とガジェットと手芸が大好きで自分でもどこに向かってるのか迷い中。
こんな私ですがよろしくお願いします!

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ内検索
Twitter on FC2
RSSフィード
リンク
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。